忍者ブログ
これまで何十万円も貢いできたアイドルマスターの公式ディレクターに強制終了を食らった元伊織担当Pが何とかめげずにプリキュアトークする場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明後日9月25日はスーパーロボット大戦Z(音が出ますので要注意)の発売日!

みんな大好きガンダムシリーズから、スパロボの先駆者ダイナミック系、ザブングル・GX・ターンエーの未来系作品の復帰、ゴッドシグマ・バルディオス・オーガスといったおっさんホイホイ系の新規参戦、そしてキンゲ・アクエリオン・エウレカ・グラヴィオンといったつい最近の作品まで、非常にバラエティに富んだラインナップですね。あ、勝平君や万丈さん、そしてロジャーさんを忘れたわけじゃないですよw

しかし、スパロボといえばロボットアニメの主人公メカにばかり注目が集まりがちですが、もう1つの大きな要素である敵キャラの存在も忘れてはならないでしょう。
原作で強敵だったボス級のキャラから、主にリアル系の無名の兵士が乗り込む量産型メカまで、こちらもなかなか侮れない魅力があります。
そんな中、原作では強敵として描かれながらスパロボでは量産型のザコとして扱われる主にスーパー系の敵キャラは、哀愁を誘う存在ですw
その中でも特に俺が注目したのは

メカザウルス・ズー
ロボットwiki特撮アニメ百科事典より)

です。
原作の登場エピソードを見たわけじゃないんで詳細は語れませんが、ゲッターロボ(無印)の第2話にて、戦いに不慣れなゲッターチームを苦しめた"3大メカザウルス"の1体だそうです。3対の中で最も攻撃力に優れる設定ですが、そのぶんスパロボでは最も動きの鈍いキャラに設定されてしまったようです。そのため、残りの2体であるバドとザイには結構攻撃をかわされた記憶がありますが、ズーはことごとくこちらの攻撃を食らってくれましたw
そのためでしょうか、動画サイトにおけるスパロボのプレイ動画ではズーがフルボッコされて撃沈される場面を多々見かけます。装甲が硬めに設定されているのもズーにとっては不幸だったと思います。最弱の攻撃を1発か2発当てただけで墜ちるような敵なら最強武器の威力を示す相手として不足です。そこで白羽の矢が立つのが、HPと装甲がそこそこで回避能力が著しく劣るズーってことですねw
原作で主人公チームを苦しめた強敵が、サンドバッグにまで凋落するとは、悲哀を感じずにはいられない;;

ちなみにスパロボZの参戦は「G」のみなので「無印」登場のズーは出番がないはずですが、喜んでいいやら悲しんでいいやら・・・w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[10/28 通りすがり]
[09/01 むらた]
[04/03 ほーせー]
[04/02 TomF]
[04/29 ほーせー@管理人]
最新TB
(09/26)
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
プロフィール
HN:
ながら川電車
性別:
男性
自己紹介:
オレ的に現在最もホットなキャラは「キュアムーンライト」。ムーンライトと言えば東海道本線の「ムーンライトながら」。
houseigpig@mail.goo.ne.jp

Twitter :
http://twitter.com/h0usei
バーコード
忍者ブログ [PR]