忍者ブログ
これまで何十万円も貢いできたアイドルマスターの公式ディレクターに強制終了を食らった元伊織担当Pが何とかめげずにプリキュアトークする場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(10月14日一部修正。FAIRY TAILの原作版に対する言及に一部誤りがあった事を認め訂正しました)

別名「スーパー釘宮タイム」

いつまでもしつこく言及してたら、わがままが通らなくて泣き叫ぶ幼児と変わらなくなる例の問題ですが(記事157参照)、
テレビ東京の夜7時代に釘宮理恵さん出演のアニメ2連荘と聞いてはチェックせざるを得ませんでした。

月曜7時→月7→マンセブン
だからウルトラマンセブンじゃねぇって何度言えば(ry
ごめん脱線しすぎた・・・

伊織の中の人釘宮さんを更なる多忙の身にさせた(本人的にはむしろ良い事ですが)2作のアニメが連続して放送される以上、見過ごすわけにはいかんでしょう。
決して釘宮病じゃありません。ただ、釘宮さんに伊織役としての仕事がしづらい状況を結果的に作った2作の出来が許せるものかどうか見極めたかったのです。もしこれらが不出来だったら・・・

まず1本目。
たまごっち
いかにも正しい児童向けアニメです。実は何故今更たまごっちと思ってましたが、いい歳して見てるオレでも楽しい気分になれました。
釘宮さん演ずるは主人公ののワさん「まめっち」。勉強も運動もできて明るく礼儀正しい理想的なクラスの人気者。それでいてTVのヒーロー番組にあこがれる子どもらしさも持ってる辺り嫌味がなくて好感持てます。子を持つ親なら自分の子をこういう風に育てたいだろうと思えるキャラです。元々育成ゲームが原案ですしw
たまごっち星のアイドル・ラブリン主催(かどうかは失念しましたサーセン)の障害物マラソンに最初は乗り気じゃなかったまめっちですが、自身があこがれるヒーローの武器(?)を象ったコントローラーがセットされたゲーム機が賞品だと知り俄然やる気に。いかにクラスの人気者でも子どもらしく物に釣られるって辺りが好感もてるなぁ。
ライバルの「くろまめっち」とデッドヒートを繰り広げた末、トップでゴール寸前まで来たまめっちですが、突然あらぬ方向に進路を変えます。そのままゴールすれば1位になれたくろまめっちもライバルの異変を訝り後を追います。まめっちの向かった先には、レース中のアクシデントで家々の屋根を跳ね続ける親友「くちぱっち」の姿が。このままでは地面に落ちて・・・。まめっちはくろまめっちの協力で無事くちぱっちを救出します。
レースよりも親友の命を救うことを優先したまめっちの美しい行動はメディアに取り上げられ、市民に感動の嵐を巻き起こします。
その頃無人となったゴールでは、たまごっち星征服を狙うエイリアン「スペイシーブラザーズ」の3人が1着のゴールテープを切りますが、誰も見ていませんでした。それでもちゃっかり賞品をくすねます。これが次回以降の伏線になりそうだと言わんばかりの演出がうまい! ちなみに一味の1人「アカスペっち」はイナズマイレブンの栗松と中の人だけじゃなく”ヤンス”という口癖まで一緒です・・・全くの余談ですがw
結論・・・合格!
まめっちはスペックが高いだけじゃなく子どもらしさもちゃんとある正しい児童向けアニメの主人公です。さらにいちいち礼儀正しいところもすごくかわいい。絶対に負けたくなかったはずのライバルとの勝負より親友のために迷わずレースを捨てて走った決断も、児童向けアニメの主人公として至極正しい。このキャラのためなら、釘宮さんが忙しくなっても文句はありません。本来アニメ声優は子どものために仕事すべきであり、オレのようないい歳したオタクのわがままに付き合う事はないと考えるからです。過去に演じたどのキャラにも似ない演技には心底敬意を表します。
これからも応援するよ、まめっち君!

つづいて2本目・・・FAIRY TAIL
あえてぶっちゃけよう・・・釘宮さんの無駄遣いであると。
あんな中身空っぽのくせに台詞だけはやたら多いクソ猫のために釘宮さんのスケジュールが埋まるとか許せんのお。てか「銀魂」の神楽と声一緒なんですが・・・多芸に定評のある釘宮さんもこんなキャラじゃ手抜きたくなりますよね。
原作は「ONE PIECE」のパクリ臭は否めませんが、アニメ化までされるほど人気があるならそれなりに面白いのでしょう。しかしだからといってアニメ版の出来不出来は別の問題です。2CHの(アンチじゃない)スレでは原作ファンすら擁護どころか怒るほどの不出来だと叩く流れになってます。原作ファンらしき人たちの不満点はざっと拾っただけでも、
・キャラデザが原作の絵柄とぜんぜん違う
(ONE PIECEとは違うんだと必要以上にアピールしすぎた結果らしいです)
・CVがキャラのイメージと合っていない
(特に主役の柿原さんとヒロイン役の平野さんが演技以前にキャスティングの問題で不評らしいです)
・演出が酷くて原作の空気を再現し切れていない
・・・等々、といったところらしいです。オレももし好きな漫画がこんな形でアニメ化されたら怒るでしょうから、原作ファンには同情します。
1話見て面白くないと思ったのは原作のせいじゃなくてアニメ側の不出来のせいだったのですね。修正前の記事で、ろくに知りもしないで原作酷評した事を恥じるとともに謝罪します。申し訳ありませんでした。
そんな原作を知らない者に変な偏見植え付ける原作レイプアニメが釘宮さんを拘束するなどおこがましい事甚だしい。
結論・・・原作ファンが許さないぐらいだから駄作確定でしょ

たまごっちのような良質な児童向けアニメと、FAIRY TAILのような原作ファンすら怒らせるクソアニメの両方に出演する釘宮さん、お疲れ様です。
レギュラー週4本じゃスケジュールに余裕なくて当然ですよねーw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/28 通りすがり]
[09/01 むらた]
[04/03 ほーせー]
[04/02 TomF]
[04/29 ほーせー@管理人]
最新TB
(09/26)
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
プロフィール
HN:
ながら川電車
性別:
男性
自己紹介:
オレ的に現在最もホットなキャラは「キュアムーンライト」。ムーンライトと言えば東海道本線の「ムーンライトながら」。
houseigpig@mail.goo.ne.jp

Twitter :
http://twitter.com/h0usei
バーコード
忍者ブログ [PR]